寺院案内

行願院には倉敷市の指定文化財「仁王門」をはじめ、いろいろな建造物や石碑が多数あります。
また、山内には四国八十八ヶ所寺院のご本尊・弘法大師をお祀りした石堂が点在しており、「八十八ヶ所巡り」ができます。
1時間ほどでお参りできます。境内の散策は自由です。
四季折々に、山ツツジ・ツワブキ・ヤブ椿などが見られる行願院に、お気軽にお越しください。

  • 西岡山 八十八ケ所巡り
    山内一円には、それぞれのご本尊・弘法大師をお祀りした石堂が点在しており、「西岡山 八十八ケ所巡り」ができます。1時間ほどでお参りできます。
  • 仁王門(市指定文化財)
    桁行三間、梁行二間の八脚門で、昭和52年から53年に行われた保存修理の際に墨書が発見され、慶安元年から同4年(1648~51)にかけて建築されたことがわかりました。墨書の一行に「後日御見の方方は光明真言を一遍御廻向してほしい」とあり、心が打たれます。
  • 星塚・箸塚
    歌人田村萱山氏と有志の方々により建てられた星塚と箸塚の碑があります。
  • 西岡御野立所
    史蹟名勝天然記念物保存法に依り史蹟として、昭和十一年十一月文部大臣指定。昭和十三年一月建設。
  • 遍照閣
    檀信徒皆さまの休憩所や法事・年忌法要、お花の稽古、各種イベント等、多目的に活用できるスペースです。
  • 中門
    寂厳和上がおいでになられた玉泉寺(倉敷東町)より移築されたものです。
  • 本堂
    御本尊普賢延命菩薩をはじめ、薬師瑠璃光如来・十二神将・千手観世音菩薩・四天王をお祀りし、仏教の世界観をあらわしています。
  • 鐘楼門
    上層に鐘を吊った構造があるので鐘楼門といいます。鐘を撞きその鐘声を耳にすることで、心の安らぎと心地よい緊張感を与えてくれます。
  • 行願院裏山古墳
    行願院の本堂裏に所在し、全長約80m・後円部経約57m・高さ約10mと推定される旧倉敷市最大の前方後円墳です。出土した埴輪片から古墳時代中期の築造と推定されています。
  • 権現山白色古塔群
    敷地の奥に五輪塔群はあります。年号が記された石造物はありませんが、とても古いものです。
  • 永代供養墓地
    お墓を継ぐ人がいなくても安心できる永代供養を行願院では行っております。